今月の大吟醸

「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」

「おとうふの味噌漬け」セット

福岡,みやま市,純米大吟醸,低温熟成,菊美人酒造,北原白秋

菊美人酒造の新杜氏、黒田信久さん渾身の作である、「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」。
酒米(酒造好適米)の王様、山田錦を35%の小ささまで削り、酒袋からポタポタと落ちるしずくのみを斗瓶に囲ったものです。

北原白秋は文人を呼んでの大宴会を高良山で行い、大樽酒を飲み干していたといわれるのですが、その樽酒こそが菊美人。
白秋が愛した菊美人のお酒の中でも、この「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」は、繊細で、熟成と言うよりも洗練されたコクとキレが楽しめます。
芯の通ったきりっとしたお酒に仕上がっています。
また、菊美人のフラッグシップ酒は、2年間低温熟成させており、とってもやさしい口当たりです。

菊美人のお酒は、蔵元の江崎俊介さんもおっしゃられるように、「とってもコシがある」
2年間熟成させても、決して味は劣化せず、むしろうまさをましています。

そしてラベルに書かれた白秋直筆の「菊美人」の文字。
白秋の「菊美人」の書は、3パターン残っていますが、この「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」だけの特別な書が使用されています。

「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」&「おとうふの味噌漬け」セット 6,600円/ご購入はこちら

熟成された銘酒の肴に、食彩の里ふしみ「おとうふの味噌漬け」

福岡,みやま市,純米大吟醸,低温熟成,菊美人酒造,北原白秋

私、友添健二は、この北原白秋ゆかりの「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」に、ぜひとも合わせたいつまみがあります。

それは、熊本の特産品「お豆腐の味噌漬け」です。
平家の落人たちがもたらした保存食と伝えられています。
昔から田舎で作られている固いお豆腐を、さらに押し。
熱を加えて、特性のもろみ味噌に漬け込み、熟成させたものです。

熊本・阿蘇からさらに山奥の宮崎・高千穂峡に近く。
この山間の地にひっそりたたずむ食彩の里「ふしみ」で手作りしています。

私、友添健二は、初めてこの伝統食・お豆腐の味噌漬けに出会ったとき、驚きと感動で胸がいっぱい!
たくさんの方にお伝えしたいという思いにかられました。

「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」のふくよかな味わいと、「おとうふの味噌漬け」の濃醇なコクと深みは、どのおつまみとのペアリングより群を抜いて良いと思いました。

ぜひとも、最高の酒と最高のおつまみの組み合わせをお楽しみ下さい。

「菊美人大吟醸しずくどり斗瓶囲い」&「おとうふの味噌漬け」セット 6,600円/ご購入はこちら

大吟醸で大往生。powered by 友添本店