三井の寿 純米大吟醸 斗瓶採り
&
松徳ガラス「KATACHI」

2018年の福岡ナンバーワンの純米大吟醸酒です。
「三井の寿 純米大吟醸 斗瓶採り」は第7回福岡県酒類鑑評会純米大吟醸酒の部で、
トップの福岡県知事賞に輝きました。

ご購入はこちら

福岡有数の杜氏の手になる美酒! 三井の寿 純米大吟醸 斗瓶採り

   福岡,八女,純米大吟醸,日本酒,三井の寿,斗瓶採り,友添
私、友添健二が一口含んだとき、「あれれ? 空気みたい!」と驚きました。
飲みやすい酒って、この「三井の寿 純米大吟醸 斗瓶採り」のことだと、実感しました。
いくらでも、スイスイと飲めてしまいます。しかも飲み飽きません。
この飲みやすさだから、料理も選びません。
梨のようなフルーティーさがふわんと鼻を抜け、スイスイと喉を抜け、米の味わいもしっかりと感じられる。
これは、うまいです!
近年、全国各地の日本酒鑑評会で、トップクラスの成績を常にとってきた蔵の腕前は、
「さすがだなあ」とうならせられます。

専門的に言えば、「酸」が絶妙だと思います。
酸と言えば、酸っぱいと思われる方も多いですが、実は、酸は旨味ではないかと思うんです。
アミノ酸を始めとして、さまざまな酸が、味の構成に大きく影響します。
日本酒度やアルコール度数、原料のお米や精米歩合だけでは表せないものです。
その表せないものを、三井の寿の杜氏でもある井上宰継専務が、科学と経験と挑戦によって追求し、
より最高のお酒へと仕上げたのが、この「三井の寿 純米大吟醸 斗瓶採り」だと思うわけです。

井上専務は大吟醸など吟醸系のお酒造りに関しては、今や福岡でトップクラスの杜氏です。
実際、2018年の第7回福岡県酒類鑑評会では、純米大吟醸酒の部のほかにも、
大吟醸酒の部、純米吟醸酒・純米酒の部など日本酒5部門中4部門で、
最も優秀な福岡県知事賞か福岡県議会議長賞を受賞しています。
これは、参加した福岡の酒蔵の中では断トツの成績です。
そんな福岡指折りの、うまい大吟醸酒の造り手が、醸し出した蔵のフラッグシップ
「三井の寿 純米大吟醸 斗瓶採り」。
うすはりでとても有名な松徳硝子の日本酒グラス「KATACHI」を2つ、セットでつけてお届けします。

松徳硝子の日本酒グラス「KATACHI」

福岡,八女,純米大吟醸,日本酒,三井の寿,斗瓶採り,友添

この 「KATACHI」は、ガラスの厚みが1ミリ以下で、グラスが唇に触れたときの感触が限りなく少なく、
お酒をより繊細に、より美味しく楽しむことができます。

ガラス職人の技術の結晶に、日本酒の匠が情熱を傾けた光輝く純米大吟醸酒を注いでみてください。
まず、得も言われぬフルーティーな香りが漂います。
そして、ひと口目。
舌に乗った心地よい味わいに思わずほおが緩むはずです。

ご購入はこちら

大吟醸で大往生。powered by 友添本店