雄町純米大吟醸 繁桝
&
大吟醸 箱入娘

福岡,八女,大吟醸,日本酒,喜多屋,繁桝,友添

繁桝珠玉の2本をお届け!

友添健二が今、高橋商店で一押しするうまい酒「雄町純米大吟醸 繁桝」と、この酒蔵のフラッグシップと言うにふさわしい「大吟醸 箱入娘」
福岡に名を轟かせる繁桝の珠玉の2本を友添健二の大吟醸で大往生をご覧のあなたにお届けしたいと思います。

ご購入はこちら

雄町純米大吟醸 繁桝

江戸時代の享保2年(1717年)に酒造りを始めた高橋商店が、創業300年に感謝して、限定品として振る舞われた「雄町純米大吟醸 繁桝」
私、友添健二は、ひと口飲んで、驚きました。
月並みな言葉ですが「むちゃくちゃ、うまい!」

あまりにうまくて、限定品ではもったいないと、友添を含めてお酒を飲んだ者たちからの強い要望で通年商品になった経緯があります。

正直、友添は日本酒の酒米で、雄町はあまり好みではありませんでした。
どっしりした感じが、苦手でして。
やっぱり酒米の王様は、山田錦だなと思っていたわけです。

その雄町の「野太さ」が、高橋商店の造り手によって、「やさしさ」に変わっていたのです。
「雄町純米大吟醸 繁桝」は、ふくよかな味わいの中に、やさしさを感じるんです。
「うちの会長がすっきりした酒が好みなので」と、中川社長の説明を聞いて納得。
久しぶりに日本酒を飲んで、感動しました。

福岡,八女,大吟醸,日本酒,喜多屋,繁桝,友添

高橋商店はもともと、雄町の日本酒が得意な酒蔵です。
中川社長も「うちは雄町のお酒に自信があるんです」と胸を張るように、地元福岡県の糸島産・雄町を使った可也は人気の日本酒です。

ただ、「雄町純米大吟醸 繁桝」は糸島産ではなく、雄町の本場、岡山産のものを使用しています。
山田錦は糸島産の品質が日本トップクラスになってきましたが、雄町に関しては、やはり岡山産に軍配が上がると感じます。
そんな日本トップの雄町を、雄町使いに長けた蔵人たちが魂を込めて醸した「雄町純米大吟醸 繁桝」

高橋商店の300年を飾るにふさわしい日本酒。

山田錦で醸した「大吟醸 箱入娘」が娘なら、「雄町純米大吟醸 繁桝」は、父親のようなお酒です。
飲んでみてわかる奥行きと包容力。
「繁桝」の中で今、わたくし友添が一押しするお酒であります。

大吟醸 箱入娘

福岡,八女,大吟醸,日本酒,喜多屋,繁桝,友添

「繁桝」の高橋商店が、蔵の技を尽くして生み出した日本酒が「大吟醸 箱入娘」です。
福岡県糸島産の酒米の王者・山田錦を贅沢に40%まで磨き上げ、「これぞ繁桝の酒」

というように、辛口に仕上げています。

かつて、日本航空(JAL)の国際線ファーストクラスで、日本酒を代表して、機内酒として活躍していた「大吟醸 箱入娘」

まさに、高橋商店のフラッグシップにふさわしい経歴のお酒です。

「大吟醸 箱入娘」
私、友添健二は、このお酒が生まれたストーリーがとっても気に入っています。

箱入娘は蔵元の高橋さんが、ご自身のご令嬢が誕生したころに、生まれたお酒と聞いております。
まさに娘が生まれた喜びと、渾身の酒造りを表現した逸品なんです。
金色の円柱の箱からは、買い手が見つかるまでは、瓶すらも見えません。
ひもで箱に瓶が固くつながれ、本当に「箱入娘」なんです。

「麹づくりに絶対の自信がある」(中川社長)という高橋商店が、数十年前、淡麗辛口の新潟の蔵に影響を受けて、愛娘を育てるように、最大の愛情を注いでつくり上げた至極の日本酒。

繁桝好きな人は福岡に数多くいますが、繁桝の頂点に位置する箱入娘を飲んだことがある方はそんなにいないのでは。
高橋商店の最高峰の日本酒を、ぜひとも感じてもらいたいと思っています。

ご購入はこちら

大吟醸で大往生。powered by 友添本店